スーパーコピーブランド買取
ホーム>>ファッション最新情報 ◆ バッグの革命児!エルメスのボリード

閲覧の履歴

バッグの革命児!エルメスのボリード

エルメスの人気バッグ・ボリードの誕生

エルメスがボリードを作ったのは、1923年です。これは、エルメスでも有名なバーキンなどのバッグよりも時代が前になります。ボリードは元来自動車で移動する際に中身が飛び出さないようにとファスナーが付けられたのが始まりです。今ではノーブランドのバッグでも見掛けるファスナー付きバッグを最初に作ったのは、エルメス(HERMES)という訳です。

人気バッグ、エルメスのボリードはサイズバリエーションが豊富です。

そしてその時に作られたボリードは、現在に至るまでとても好評を得ており、人気のアイテムです。売り出した当初は「ボリード」という名前ではなく、後に解明をするのですが、元々に作られたフォルムなどは変わらないまま現代のエルメスにまで受け継がれています。

エルメス・ボリードの特徴とサイズ

ボリードの特徴はなんといってもそのファスナーを中心とするパーツの美しさです。そして全体の容姿もゆったりとしながら無駄な部分を感じさせないスマートさがあります。そのような特徴をしっかりと残しつつ、多様なサイズ展開をしているボリードは、その大きさによって新たなエルメスの雰囲気が見えてきます。

エルメス・ボリード15はちょっとした小物入れに

横幅15cm、高さH12cmのボリードの中で一番小さなサイズとなっています。普段使い用のバッグよりも、ちょっとした小物を収納するのに便利なアイテムです。

お手頃サイズのエルメス・ボリード21

横幅21cm、高さ15cmのお手頃サイズです。お出掛けの際に持つととても似合うバッグです。また、見た目にも美しいため、小さいながらしっかりと主張してくれます。

エルメス・ボリード27

横幅27cm高さ20cmとボリード21よりも少しだけ大きなサイズのバッグです。ボリード21では少し小さいと感じる人にはこちらがおすすめです。

復刻サイズのエルメス・ボリード30

横幅31cm、高さ24cmのこちらのサイズは、何と最初に販売されたボリードの復刻サイズです。エルメス(HERMES)の愛好家はもちろん、初めてエルメスを手に取る人にも愛されるサイズで、大きなポケットが特徴となっています。

合わせやすく人気のエルメス・ボリード31

横幅31cm、高さ25cmのボリードバッグの人気サイズです。使いやすさと存在感が丁度良く、どのようなファッションにも合わせやすいというのが理由です。

エルメス・ボリード37は仕事用で人気。

横幅37cm高さ27cmと大きめサイズのこちらのバッグは、仕事用として人気があるアイテムです。必要な持ち物が全て入ると手荷物の多い女性に特に人気です。

旅行のお供に、エルメス・ボリード47

横幅47cm高さ35cmとボリードバッグの中でも一番大きなサイズです。普段に使用するだけでなく、旅行などにも利用でき、持っていて損は無いアイテムとなっています。また、大きさの割にはスマートな外見をしているため、小柄な女性でも手にしたいバッグです。

エルメス・ボリードのいろいろな素材

ボリードの素材でも人気が高いのは、やはり牛革です。牛革は使い込むほどに持ち主の色になっていくため、長く使用したい愛好家が多く手にしています。一口に牛革と言っても、その種類やカラーは多岐に渡り、選択時には自分に似合う色や、使用する場面を考えなければなりません。牛革のカラーでは、黒やブラウンが安定した人気を誇っていますが、可愛らしいピンクや明るい雰囲気を出せるオレンジなども人気のカラーです。また、牛革自体に施された型押し加工によって手触りや輝きが変わるため、さらに選択肢が広がります。

ほかにも、牛革とは少し人気が劣ってしまいますが、「ブッフル」と呼ばれる水牛の革素材は、ブランド通の人からの人気が高く、水棲の牛の革を利用しているため水分や外傷に強いことから、野外パーティーや長時間の移動が行われる際に利用されるバッグに使われることが多くなっています。