スーパーコピーブランド買取
ホーム>>ファッション最新情報 ◆ エルメスのバッグ・バーキンの誕生

閲覧の履歴

エルメスのバッグ・バーキンの誕生

エルメスのバッグ・バーキンの誕生

「バーキン」という名前は、フランスの女優である「ジェーン・バーキン」から取られました。その当時のエルメス(HERMES)の社長が、彼女が持つバッグから持ち物が溢れている光景を見て、その荷物が全て入るようなバッグを作ると言ったのが始まりです。「バーキン」として世に出されたのは、1984年のことで、製作するきっかけとなったジェーン・バーキンはもちろん、世界中の女性がそのバッグに注目しました。

収納力が抜群!バーキンの特徴

バーキン一番の特徴はなんといってもその大きさです。元来バッグと言うと、片手でも持てるほどの小ささで、あまり大きなものではありません。また、バッグが大きければその分自分自身が隠れてしまい、せっかくのファッションも無駄になってしまいます。しかし、バーキンのバッグは、たっぷり余裕のある容量を持ちながらも、スマートな外見と機能性に溢れているのです。
バーキンに使用されている金具の一つ一つにこだわって作られており、本体の美しさを更に高めています。ほかにも、バッグの中に作られたポケットは機能性に優れており、誰でも使いやすいアイテムとなっています。

好みで選ぼう!バーキンバッグの種類

バーキンのバッグは大きさが選べるのが魅力の一つです。一般的なバッグの様にワンサイズではなく、自分の用途に合った大きさの物を選びましょう。

利便性の高いエルメス・バーキン25

横幅25cm、高さ20cmと一番小さなサイズです。こちらのバッグは、普段使いから、パーティーなどにも使える利便性の高いアイテムとなっています。持っていても邪魔にはならないため、セカンドバッグとして利用される方も多いようです。

コンパクトでも収納力のあるエルメス・バーキン30

横幅30cm、高さ22cmの持ちやすいサイズです。見た目は小さいのですが、その収納力は高く、仕事やお出掛けなど手荷物が多い際に利用されています。

誰からも愛されるエルメス・バーキン35

横幅35cm、高さ25cm。こちらのサイズは最も人気があり、丁度いい持ち心地と納得の収納力は誰からも愛される理由となっています。世界的にも人気があり、多くのセレブが愛用しています。

最初に作られたエルメス・バーキン40

横幅40cm、高さ30cmの少し大き目サイズ。日本で入手する場合は、大抵こちらのサイズが一番大きなものとなります。また、一番最初に作られたバーキンのサイズだとも言われています。

旅行用にも使えるエルメス・バーキン45

横幅45cm、高さ30cmの存在感あるサイズです。こちらのサイズはなかなか見ることは無く、特に日本のエルメスショップでも取り扱いは少ないアイテムです。しかし、その収納力は素晴らしく、旅行用としても十分に機能してくれます。

革や布、様々な素材のバーキン

バーキンに使用されている素材には、さまざまな物があります。素材によって多様な雰囲気を出すのも魅力の一つです。

味わい深い牛革素材

エルメス(HERMES)のバッグ製品の中でも人気が高いのはなんと言っても牛革製のバッグです。牛革はフォーマルな服装はもちろん、カジュアルな服装にも合わせやすいのが特徴です。また、手入れをしっかりと行えばいつまでも使用でき、年数を重ねる分とても味わい深い自分だけの美しさを手に入れることも可能です。牛革はさらに数種類から選べ、自分の好みに合ったものを手にすることができます。

ジュエリーの様な輝きのクロコダイル素材など

高級バッグと言えば思い浮かべるのは、ワニなどの革ですが、エルメスのバーキンでは、クロコダイル・アリゲーター・リザードの革を取り扱っています。ウロコの柄が美しく、ジュエリーの様な輝きを持っています。

上品な雰囲気のあるヤギ革

牛革よりは知名度が劣りますが、牛革には無い繊細さが特徴です。エルメスのもつ上品な雰囲気にはぴったりな素材で人気があります。

独特な模様のオーストリッチ

最近では有名になった素材で、ダチョウの革を使用しています。ワニなどとは違った独特の模様が特徴です。

日常使いに最適の布素材

ブランドバッグと言えば皮革製品のイメージがありますが、やはり日常的に使用するなら手軽な布が人気です。エルメスのバッグは布と言えども革製品に劣らないほどの上品さを持っています。また、革には無い布の柔らかさやしなやかさは人気の理由の一つです。