スーパーコピーブランド買取
ホーム>>ファッション最新情報 ◆ エルメス・ケリーは二つの顔を持つバッグ

閲覧の履歴

エルメス・ケリーは二つの顔を持つバッグ

エルメス・ケリーの誕生

「エルメス」で、ケリーのバッグが誕生したのは、1936年のことです。その頃には、「ケリー」という名前は付いておらず、「サック・ア・クロア」という名前でした。しかし、1955年ごろモナコ王妃であるケリー皇女がこのバッグを持っている姿が広まり、その名前が当時のエルメス(HERMES)の社長によって「ケリー」と改名されたのです。改名をしたあとは、皇女が手にしていたバッグとして世界的に有名になり、セレブをはじめ多くの人が手にするバッグとなったのです。


エルメス・ケリーバッグの特徴

エルメスだけでなく、ブランド品のバッグは大抵一つの銘柄に一つのデザインしかないことがほとんどです。しかしケリーのバッグには、二つの顔を持っていることが一番の特徴です。その違いは、縫製の方法によります。

女性らしいフォルムが特徴的な“内縫い”

通常見るバッグや服のように、生地を中に織り込んで縫製部分を隠す方法です。こちらの場合は、全体的にふんわりとしたフォルムになり女性らしさが増します。また、フォーマルな場面でも、カジュアルな場面でも、しっかりと協調してくれるエルメスでも人気のアイテムです。

フォーマルな場面向きの“外縫い”

こちらは文字通り内縫いとは逆に外側に縫い目を見せる方法です。その違いは実物を見れば一目瞭然で、内縫いのケリーとは全く異なる外見をしています。外縫いのケリーは、すっきりとしたフォルムで、フォーマルな場面にはもってこいのバッグです。そのため、普段の仕事でも使用する人が多いアイテムです。

人気バッグ・ケリーのサイズ

ケリーのバッグは普段から使いやすいサイズや、持っていて便利なサイズまで幅広く揃っており、それもケリーが人気の一つです。

稀少なエルメス・ケリー15

横幅15cm、高さ11cmの別名「ミニミニケリー」と呼ばれるバッグです。稀少なアイテムであるため、あまりショップなどでも見掛ける事はありません。エルメスやケリーの愛好家が持つアクセサリーアイテムとなっています。

素材のバリエーションが多い、ケリー20

横幅20、高さ16cmとケリー15より少し大きいバッグです。こちらは「ミニケリー」と呼ばれており、お出掛けの際に共にしやすくなっています。また、使用出来る素材の数も多く、自分好みのものを手にすることができます。

持ちやすいサイズ感・ケリー25

横幅25cm、高さ19cmの持ちやすいサイズのバッグです。こちらのサイズは比較的外縫い仕様が多くなっています。

スリムなのに収納力のあるエルメスのケリー28

横幅28cm、高さ22cmの使いやすいバッグです。見た目はスリムですが、収納力は満足のいくものとなっています。

人気のあるサイズ・ケリー32

横幅32cm高さ23cmのバッグで、エルメスやケリーの中でも人気のあるサイズです。

手荷物が多い方にオススメ・ケリー35

横幅35cm高さ24cmと少し大き目の頼もしいサイズです。手荷物が多い時にはとても重宝するバッグです。

ケリーバッグのデザインと素材

ブランドバッグの醍醐味は洗練されたデザインと素材です。同じデザインでも素材が違えば雰囲気も違ってきます。

・ケリーのデザイン

ケリーのデザインで人気が高いのは、「ケリームー」です。こちらのバッグは、2007年に販売開始されたのですが、通常の手に掛けるバッグではなく、折りたたんでベルトで締めるタイプのバッグのため、女性に人気となりました。 全体的に小さめのサイズとなるケリーの中には、ポシェットケリーと呼ばれる片手サイズのものもあれば、機能性を重視したケリーラキというもの、そしてリュックサックのようなデザインもあり、使う人が楽しんで選べます。

・ケリーの素材

ケリーの素材には、一般的な牛革、ワニなどの爬虫類革、ちょっと珍しいヤギ革もあります。もちろん、エルメス(HERMES)特有の布の素材もあり、どれも外見の美しさだけでなく、長く使えるように丈夫な物となっています。デザインと共に自分の好みに合ったものを探してみましょう。